西播磨特産館
文字サイズ: 拡大 縮小 元に戻す
[ ぜひ特産館SNSにご参加を! ] ログイン 買い物カゴの中身を見る

top SNS 全店舗一覧
西播磨特産館とは | お買い物手順 | ご利用規約
     
醤油・だし・つゆ
そうめん
革手袋・鞄・小物
海産物・川魚・加工品
フルーツ・野菜・加工品
麺類
生活・インテリア・園芸
コンピューター・通信
住宅・建設・リフォーム
グルメ・飲食
ギフト用商品
ステッカー・タペストリー・看板
美術品
出店者『厳選特別セット』
出店者『一押し商品』
お茶
生花・プリザーブドフラワー
宿泊・旅館
教材
商工会議所・商工会情報




孔雀窯 三代 松山雅英

所在地兵庫県たつの市龍野町上霞城5の2
連絡先TEL:0791-63-0341
FAX:0791-63-0341
ホームページhttp://www.kujyakuyaki.com
私はかって北支に在勤の八年間、永年望んでいた中国の古陶磁を現地で研究する幸運にめぐまれた。
 清朝から随唐以前にさかのぼり、約2000年に亘る偉大な中国の陶磁の真髄にふれ、殊に宋窯の美に接して私はいう言葉を知らなかった。
 中 国の陶磁は世界に冠絶しているが、就中宋窯は中国の陶芸が進歩の最高峰に達した時期で、其の陶磁の芸術的価値の優れていることは詢に空前絶後と言うべきであろう。
 越州窯、汝州窯、汝官窯、龍泉窯、吉州窯、修武窯、定窯、建窯、均窯、郊壇窯等々、どの一つを取り上げてみても、全く素晴らしい、の一語につきるのである。 
 特に耀変天目、油滴天目、兎毫盞、河南天目、等の一連の窯変釉は正に宋窯の真価を発揮して余りあるものがある。 
 以来、釉薬の極致、窯変の妙に憑かれた私は、日本の陶芸が中国陶磁の迫随以上に出ず沈滞しているのを憂い、あの宋窯にもない、清新にして且美しい独自の近代窯変釉の創作を志した。そして孔雀の羽の斑紋を斑点結晶させ、釉薬に表現したいと考えて、終戦後、郷里の竜野に引揚げ窯を築いた。     火のとりこになって、早くも10年余り、変々極まりなき孔雀釉は、時として紅孔雀となり、青孔雀となり、紫紺の孔雀となって窯変の楽しさを満喫させては呉れるが、それ丈に又苦難の連続でもある。  
 然しあくまで伝統的な格調を根底としてより高い新しい時代感覚を、この孔雀釉に完成せんと念願するものである。      
(初代雅英のあいさつより)

現在の登録数は全6件です。 [前のページ] [次のページ]

孔雀釉 盃
3,000円(税込)
お酒を飲む時に御利用いただけます

孔雀釉 グラス
5,000円(税込)
ワイン・ビールなどに御利用ください

孔雀釉 コーヒーカップ(皿付)
7,000円(税込)
コーヒータイムのひと時を優雅に演出

ぐい呑
3,000円(税込)
孔雀釉をかけて焼成したぐい呑です

モーニングカップ
5,000円(税込)
孔雀の羽根の斑紋を釉薬にうつしとった上釉

孔雀天目茶碗
200,000円(税込)
孔雀の羽根の斑紋を釉薬にうつしとった上釉
[前のページ] [次のページ]
西播磨特産館の個人情報の取り扱いに関しては「個人情報保護ポリシー」をご覧下さい。

お問い合わせ
copyright (c) 2006 西播磨特産館 all rights reserved.